女性

理想的な形の鼻にするため

鼻の形に合わせた方法で

整形

美容整形外科では、個々の鼻の形や希望に合わせた、様々な鼻整形がおこなわれています。たとえば、鼻の低さに悩んでいる人に対しては、シリコンプロテーゼが挿入されます。鼻には軟骨があり、その軟骨が整った形をしていれば、鼻も整った形となることが多いです。しかしその軟骨が少なかったり、弓なりにくぼんでいたりすると、それが鼻の形に反映されてしまいます。具体的には、つぶれたような鼻や、中央がえぐれたような鼻になってしまうのです。しかし、不足している軟骨を補うような形でシリコンプロテーゼを挿入すれば、鼻は高くなったり整った形になったりします。また、軟骨が大きいために鼻全体が大きくなっていたり、一部が出っ張っているためにいびつな形になっていたりする人もいます。そのような人に対しては、軟骨を削るという鼻整形がおこなわれます。不要な部分を削ることで、軟骨が美しい形になれば、やはりそれが鼻の形に反映されることになるのです。このように美容整形外科で鼻整形を受ければ、鼻における様々な悩みを解消させることができます。鼻は顔の中央部分にあるため人目につきやすく、その形によって顔の印象が決まることも少なくありません。逆に言えば、鼻整形によって顔の印象を良くすることも可能ということです。そのため鼻整形には高い人気があり、多くの人がそれを目的として美容整形外科を受診しています。

ヒアルロン酸の注入

シリコンプロテーゼは、多くの場合は鼻の穴を切開し、そこから挿入されます。また、軟骨を削る鼻整形も、やはり鼻の穴の中からおこなわれることが一般的です。鼻の表面を切開するわけではないので、鼻整形後の傷跡は目立ちません。鼻の穴の中には傷がつくので、それによって多少の腫れが生じますが、日に日におさまっていきますし、1〜2週間で消える場合がほとんどです。また、昨今ではヒアルロン酸の注入による鼻整形もおこなわれるようになっています。ヒアルロン酸は軟骨成分の一種で、鼻にも多く存在しています。それを注射器によって補充すれば、それによって鼻の形は変わることになります。低い鼻の場合は高くなりますし、えぐれたようになっている場合には、そこが埋められることで整った形になるのです。また、一部分が出っ張っている鼻の場合は、その周辺にヒアルロン酸を注入することで、出っ張りが目立ちにくくなります。注射ですから、鼻にはほとんど傷がつきませんし、ダウンタイムも基本的に発生しません。しかも施術時間も短く、注入する量にもよるのですが、10〜20分ほどで終わる場合が多いです。このように美容整形外科での鼻整形は、患者への負担が少なくなるように工夫しておこなわれているのです。